2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.01 (Mon)

草にすわる ・ 白石一文

まずは、日本語が美しい。文章が美しい作家だと思いました。
例えば「蒙を啓かれる」とか「頻々と」とか「待ち設けよう」とか。

お話も美しく、静かなものでした。
人間はやり直せる。
悲しいことからきっと立ち直れる。
どうしようもないときは、草にすわって大地を空気を太陽を
そんな地球を感じれば良い。

そして、自分が傲慢だと知ればいい。

そんなお話でした。
三編載ってますが、「草にすわる」以外はそうでもなかったかな。

草にすわる ★★★★
スポンサーサイト
23:05  |  読み物  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。