2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.17 (Sat)

ぼんくら ・ 宮部みゆき

ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)
(2004/04/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


宮部みゆきという作家を、軽視する人が意外といて驚きます。
確かに、全てが面白いとは私も思いません。
ただ、全て面白くなくは無いと思ってます。
(当然、私基準である)

これも宮部みゆきがよく描く感じの人情もの。
私が思う面白いお話とは、誰かしらに共感できたり、涙したり
ミステリーなら犯人が分からなくてドキドキしたり・・・
それはそれは色々とあるわけですが、このお話はどれでもありません。

強いて言うならば、出てくる人が皆生き生きしているんです。
もちろん文字の表現なのですが、立体感があって
その場面が目に浮かぶよう。

宮部みゆき批判をする人は、案外本なんか読んでない人。
年間20冊ぐらいで“読書家”の人。
と、最後に毒でも吐いておくか。

ぼんくら ★★★★
スポンサーサイト
00:02  |  読み物 は行  |  コメント(2)

Comment

あ。ぼんくら。アタシもこないだ読んだとこ。
久しぶりの宮部みゆきでしたの。

なんだろー…なんかおもしろかったな。
て、思ってたとこ。
なにげない描写がいいんだろうねぇ。
dabatola |  2011.09.19(月) 01:16 | URL |  【編集】

>dabatolaさん
ハイ。面白かったです^^
偉そうなことを言うと、何もかもがしっかりしてる
というか、設定にぶれがないと言うか。
ドラマ化されたら見てみたいです♪
マイ |  2011.09.22(木) 10:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。