2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.20 (Wed)

八日目の蝉 ・ 角田光代

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
(2011/01/22)
角田 光代

商品詳細を見る


実に角田光代らしくない作品。
あまり変な人が出てきません。(多少は出てくる)

映画にもドラマにもなりました。
すごく簡単にまとめると、不倫相手の本妻の子を誘拐して育てるお話。
前半は、逃亡から捕まるまで
後半は、その誘拐された子のその後となってます。

本当に悪い奴は、本当に駄目なやつは誰なのか?に尽きるのですが
やっぱりこの浮気をした男(誘拐された子の父親)としか思えません。
この人がしっかりと生きていれば、それに連なる不幸も無かったはず。
でも、別の相手と同じような恋愛をしていた可能性はアリ。
誘拐云々は別にして。

これ、映画ではどうだったか分かりませんが
しっかりと実在する地名が出てきます。
しかも親しみのあるところ。どうなんでしょか?

気になる映画はコチラ
劇団ひとり、原作はまだそこまで気持ち悪い男では無かったです。

八日目の蝉 ★★★★
スポンサーサイト
20:48  |  読み物 や行  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。