2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.07.13 (Wed)

壬生義士伝 ・ 浅田次郎

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)
(2002/09)
浅田 次郎

商品詳細を見る


渡辺謙が主役で映画にもなりました。観てないけど。
※渡辺謙はドラマ版でした。
 映画版は中井貴一でした。失礼しました。
文庫で上下巻。割合に大作です。
まったく長さは感じさせられませんでした。
浅田次郎らしく、泣かせる場面が・・・
だけどそれでいいのです。泣いときゃいいんです。

男は、義のためでなく仁のためでなく
家族を守りたいがために、そのために命を削ったのです。
なんとバカなことでしょう。
バカみたいだと思うけど、やっぱりそれを馬鹿にはできない。

余談ですが、私は新撰組の中では斉藤一が好きなんです。
ここでも変わり者だけどエエ男でした。

壬生義士伝 ★★★★★
スポンサーサイト
23:16  |  読み物 ま行  |  コメント(5)

Comment

でた!五つ星。

うーん!!納得の五つ星っ!!
名作でしょ!!ってか、マイちゃんが今まで読んでなかったのが不思議だわ~。
そりゃもう涙、涙でしたわ…。
映画って中井貴一じゃなかった?
この映画は珍しく原作先に読んでても、いい映画だった。うん。だいぶ忘れたけど…。
貴一さんがよかったのよーっ。
斎藤一が、佐藤浩一だったんじゃなかったかなあ~…定かじゃないけど…。ほら、見たくなってきたでしょ??
そだ。シネマ日記で確認してみよう。( ̄▽ ̄)
dabatola |  2011.07.14(木) 11:06 | URL |  【編集】

映画もぜひ。

はい。dabatola子さん、「シネマ日記」でチェックしてくださいv-10
こういうとき、五十音順に並んでると最強に便利っすね!

映画も良かったですよ。
ワタスもこれ読もうと思ってうちにあるんですけど、まだ読めてないのです。
今年中にはv-15
用務員E@coky |  2011.07.14(木) 16:54 | URL |  【編集】

>dabatolaさん
久し振りに★五つです~
内容から構成まで、全てが完璧だと思いました。
泣かせどころもわざとらしくなく
でも絶対に泣かされてしまう・・・。

そう!謙さんはテレビ版だったのです。
勘違いv-12
こっそり訂正しておきました。
斉藤一が佐藤浩市ですとっ!
見なくては、是非とも観なくては。

私は時代物読まずギライなんで
案外読んでないのですよ。

>用務員E@coky さん
そうそうチェックです。
これね、長そうですけど読み始めると
ガンガン読める感じだと思います。
涙と鼻水タレながら読んでください。
私もDVD借りてみます。
その前にチェック♪
マイ |  2011.07.15(金) 23:35 | URL |  【編集】

やっと読みました。

確かにマイさんの言う通りでガンガン読めました。

貫一郎が死んだ父親に許しを請うやりとりのところはちょっと感傷的すぎるなぁと思ってしまったんですが、浅田次郎ってそういう感じですよね。あの場面以外は全部好きです。

映画を先に見ていたので、こういう証言集みたいな原作をよくうまく映画化したなぁと改めて感心しました。

息子の嘉一郎があれほどまでに死に急ぐ理由がいまいち分からないと思いながら読み進んでいたんですが、最終的に分かってすっきりしました。彼が「武士道」を貫くために死んだとは思いたくなかったので。

ドラマ版は見ていないんですが、渡辺謙だとちょっと貫一郎には線が太いかなと思いました。どうでしょうか?
用務員E |  2011.10.19(水) 11:08 | URL |  【編集】

>用務員Eさん
量の割には早く読めましたでしょ?

私は映画はまだみていないのですが・・・
確かにあれを映像にしたというのは凄いですよね。
文字からしか読み取れない情感みたいなものを。

私は、中井貴一だと田舎モン臭くないよなぁとか思ってたのですが
原作によると実はオトコマエ“なんですよね。
渡辺謙も“実はオトコマエ”とはちと違いますよね。
誰がいいかなぁ。
ウフっ楽しい♪
マイ |  2011.10.21(金) 10:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。