2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.16 (Sat)

ひいろ

5
デジカメの、接写モードってヤツで撮ってみました。
これで撮るとちょっとキレイに映るよって聞いたもので。

自分で勝手に思ってるだけなんですが、この手の
“和洋折衷”的な感じのが好きです。
和食器でもなく、洋食器でもない・・・的なの。
どこか?って思われるかもですが、いいのです。
思い込み上等!なので。

成型 → 素焼き → 釉薬付け → 本焼
が、基本的な行程になるのですが
これは成型と素焼きの間に「生化粧」という行程を挟んでます。
お皿の白い部分ですね。
この「生化粧」が乾く前にお花と花瓶の絵を描くわけです。
そうすると、下の土の色が出てきて少し浮き出た感じになります。
あとは大嫌いな釉薬付けを、ささっとやってしまって終了。
右下の微妙な赤味は、窯の温度によって出てくる色です。
なので、これだけは私の技術云々ではなく(元々無いのだけど)
二度と、決して二度となにがあろうとも出来ないものなのです。
多分。
スポンサーサイト
00:47  |  お皿  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。