2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.07.25 (Thu)

終わらざる夏 ・ 浅田次郎

終わらざる夏 上 (集英社文庫 あ 36-18)終わらざる夏 上 (集英社文庫 あ 36-18)
(2013/06/26)
浅田 次郎

商品詳細を見る


戦争モノです。
いつもいつも読む必要はないとは思いますが
一年に一作、少し戦争というものの愚かさに
向き合う時間があってもいいかなーと思います。

これには、戦闘シーンもあまりありません。
恐ろしい軍人さんも、理不尽な上官もいてません。
終戦間近の物語だからだとも思われますが
皆、戦争はすべきじゃなかったんじゃないか?と思っています。
もう敗ける。敗けて新しい世界が始まると思っています。
本当に馬鹿げている。

今もどこかでいつも誰かが争っていたりするわけですが
これほどの愚行はない。

で、物語はどうなんだ?って言われると・・・
いつもながら泣かされます。
繊細な描写だとかが本当に上手くて、これぞ浅田次郎と。
でもなー。
ちょっとファンタジー過ぎる。
余計な話も多すぎる。
登場人物がきちんと書かれ過ぎて、逆に分かり辛い感じ。

浅田次郎 = 戦争モノ を読むとしたら
日輪の遺産 (講談社文庫)こっちの方が私は好き。

終わらざる夏 ★★★
スポンサーサイト
22:44  |  読み物 あ行  |  コメント(2)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。